OB会からのお知らせ
OB会からのお知らせ
行事スケジュール活動報告過去の戦績役員名簿会費についてOBOG通信
関西大学卓球部入部希望の方へOB会からのお知らせお問い合わせ関西大学

関大卓球部OB・OG会副会長の新田です。7月15日(日)慶応義塾大学日吉キャンパスで慶関卓球定期戦が行われ、昨日に引き続き応援に行って来ました。

日吉駅から慶応大学の構内に入ると第68回慶関卓球定期戦と案内がありました。私の年令が66歳なので、私が生まれる前からこの定期戦は、行われいたのかとの思いでした。確認したところ第1回は、昭和26年開催。関関戦が昭和36年なので一番古い歴史のある定期戦です。幾多の選手が競い合ったのだろうかとの思いがしました。関大にとって関東の実力を知る、良い機会になるのだと思いました。

慶応の卓球場は、比較的新しい建物の中にあり、当日はうだるような暑さでしたが練習場内は、冷房が効き快適でした。最近は、関大も冷房の中で練習できると聞きました。いいですね!

慶応大学の男子は、この春のリーグ戦で全勝し入れ替え戦に勝ち、秋は2部リーグに昇格、女子も3部リーグで全勝し入れ替え戦に負け、3部に残留とのことです。

この日も応援席が、男子の試合の前でしたので男子の試合の観戦記を記します。

 

第1試合

坂根・福本(関大)3(-6,7,-8,12,9)2白井・林(慶大)

お互いに厳しく攻めあう好ゲーム、4,5セット目やっと取るぎりぎりの勝利でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

第2試合

各務・増田(関大)2(6、-8,9,6、-10)3窪田・橋本(慶大)

この試合変わった事が起こりました。最終セット関大組が、10-3か4でリードしていたのですがそこからひっくり返されて負けてしまったのです。シングルでは起こるかもしれませんが、ダブルスでこのスコアから逆転されるとはちょっと有り得ないことです。何があったのでしょう?

 

 

 

 

 

 

第3試合

増田(関大)3(-9,6、-11,5,5)2清水(慶大)

増田君ラリーになると力が入り過ぎていましたが、何とか勝利しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

第4試合

各務(関大)3(-6、9,12,7)1林(慶大)

相手のチキータレシーブやドライブが厳しくなかなか先手が取れない展開でしたが、後半は、サーブのコースを変えたり工夫が見え辛くも勝利する好ゲームでした。

 

 

 

 

 

 

第5試合

坂根(関大)3(3,7、-4,5)山口(慶大)

相手のカットを完璧に打ち崩し1セットを失うものの貫禄の勝利でした。

写真を撮り忘れてしまいました。

 

第6試合

福本(関大)2(-7,8,6、-10、-7)3窪田(慶大)

期待の星、福本君の試合注目して見ました。相手も左利き、もしかして相手のエースかも知れません。壮絶なラリー戦となり福本君が押される展開が多い試合内容。白熱した好ゲームでしたが惜しくも敗戦となってしまいました。福本君もう一歩台に近づいてプレー出来るようになれば、得意のバックハンドももっと厳しくなるので、相当強い相手にも勝てるようになるのではと感じました。

 

 

 

 

 

第7試合

田坂(関大)2(-8、-5,6,5、-6)3橋本(慶大)

田坂君は主務をしており最近は、あまり試合に出ておらず今回ある事情があって、急遽の出場です。相手の橋本君は県立千葉高校の出身。縁あって私は、昨年からこの高校のコーチをしています。県立千葉高校は、県下屈指の進学校で高校時代そう厳しい試合を経験していないはずなので好試合になるのでは思っていました。

田坂君1,2セットは、相当緊張しているようで打ちミスの連発でしたが、3セット目からやっと落ち着いたか、開き直ったか今度は、好打を連発して3,4セットを連取。5セット目相手も立ち直り好ゲームなりましたが、惜しくも負けると言う結果でした。田坂君に拍手です。

 

 

 

第8試合

杉山(関大)3(10,7,4)0井芹(慶大)

杉山君3-0と相手を寄せ付けず完勝。

 

第9試合

西郷(関大)0(-7、-10、-6)白井(慶大)

キャプテン西郷君奮闘するも相手の速攻に打ち負ける。

 

 

 

女子の試合風景

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は、男子 関大 5-4 慶大 女子 関大 5-2 慶大 男女とも関大の勝利でした。

今回の関東遠征で選手諸君は、自分の卓球にとって色々感じたことも多かったと思います。秋のリーグ戦まで良い練習をして勝利してもらいたいものです。

 

 

 

 

 

 


OB・OG会の副会長新田です。7月14日(土)墨田区総合体育館で行われたインカレの応援に行って来ました。

昨日までの予選リーグで男女とも1勝1敗で決勝トーナメントに進出しており、今日は、決勝トーナメント1回戦からです。対戦相手は、男子は強豪の愛知工業大学、女子は、筑波大学です。男女とも9時半と同時刻に試合開始だったので男子の試合を中心に観戦しました。

第1試合 坂根(関大)対木造(愛工大)

第1試合は、関大のエース坂根君。相手は、昨年度のインターハイチャンピョンであり、国際大会でも活躍している木造選手。左対左の試合でもありどのような試合になるか注目です。

1セット目、坂根君ちょっと気後れしたのか調子が出ず6-11で落とす。

2セット目、坂根君が、気を取り直し集中力も上がり11-7でセットを取り返す。

3セット目、坂根君出足好調に5-0とリードする。しばらく小競り合いが続き10-6でゲームポイントを奪いこのまま終わるかと思ったところ、次サーブが、少し台から出たところをレシーブドライブを決められ、そこから10-10のジュースにもつれ込んでしまう。ここから坂根君奮起しラリー戦になるもフォア、バックを駆使してこの打撃戦を制し13-11で2セット連取する。

4セット目、期待がかったが、相手も必死で2-11でこのセットを失う。

5セット目、相手もギアを上げたかのような試合運びで、YGサーブ、チキータレシーブを決められ苦戦する。7-10まで追い上げたところで相手が手堅くタイムアウトとり、残念ながら7-11と敗れる。好選手同士の白熱したゲームでした。

第2試合 杉山(関大)対高見(愛工大)

関大2番手は、2年の杉山君。対する愛工大は、1年の高見選手。彼も国際大会で活躍する強豪です。

1セット目、相手にほとんどミスが出ず、手堅い試合運びに4-11で落とす。

2セット目、ラリー戦にはほとんどならず、サーブ、レシーブでの先手の取り合いとなり一進一退のゲーム展開、9-9から杉山君得意のバックハンドストレート強打、チキータが決まり11-9でセットを奪う。

3セット目、出足不調で1-7と大きく引き離されてしまう。打ち負けるのではなく、サーブ、レシーブの細かなテクニックで点を取られるという感じ。

4セット目、相手のサーブ、レシーブに手こずるもシーソーゲームを展開し10-10のジュースとなる。ジュースの後、杉山君痛恨のサーブミス。相手のプレッシャーを感じたのか?次も相手のネットインであっけない終末を迎えてしまい10-12で負けてしまう。

 

第3試合 坂根、福本(関大)対木造、吉村(愛工大)

第3試合は、ダブルスの対戦。関大坂根君のパートナーは、1年生の福本君。彼は、久し振りの京都の名門東山高校の出身で、今年あの樫原秀明さん(関西学生チャンピョンの柏原賢二さん以外にもう一人強いカシハラさんがいたのです。卓球、性格とも豪快。卓球、性格ともやや繊細さに欠けていましたが。)以来の関西学生新人戦でシングル、団体で優勝した期待の星です。一方、相手は吉村選手が出てきます。彼は、全日本選手権準優勝、今年のワールドツアー香港オープンで優勝するなどの強豪です。

1セット目 サーブ、レシーブ良くラリー戦も引けを取らずむしろ押す展開で11-7で先取する。坂根君のみならず、福本君のセンスの良さを感じました。

2セット目以降 相手もこのままではダメだと思ったのでしょう、チキータを連発しだし、どうしても対応に苦しむ展開となり残念ながら1-3の敗戦となりました。

 

 

 

女子1回戦 関大対筑波大

女子の試合は、遠目に見ざるを得ませんでした。予選リーグで名門東京富士大学に2-3と善戦したので筑波大ならと期待を持っていました。

 

第1試合 赤川(関大)対田口(筑波大)

2年生赤川君(土佐女子出身)頑張るも0-3の負けとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2試合 北岡(関大)対望月(筑波大)

1番の赤川君と同じ高校土佐女子出身の3年生北岡君の登場。彼女のカットに期待がかかります。すごい粘りで頑張ります。長時間の試合展開で、最終セットまでもつれ込んだのですが、最後はちょっと力尽きた感じで敗戦となりました。

 

 

 

 

 

 

 

第3試合 赤川・宮村(関大)対田口・高東(筑波大)

グリーンのユニフォームが関大です。あまり着たことがない色ですよね。

この試合は、0-2と2セットダウンからよく挽回し、最終セットまで頑張って挽回したのですが残念ながら2-3で負けてしまいました。長時間頑張ったのですが、頑張りには拍手をりました。

 

 

 

 

 

残念ながら今回は、男女とも1回戦の敗退となりましたが、秋のリーグ戦には期待の持てる試合内容でした.皆で応援に行きましょう

すみません、OB・OG通信なのでもう少し読んで下さい。

 

私事ながら、私たち夫婦でイタリア旅行に行って来ました。観光第1、友好第2で行って来ました。

イタリアのエミリア・ロマーニャ州の卓球協会の副会長のグイド・カスタルディーニさんに誘われ2回練習してきました。彼のクラブは、Fortitudoと言うチームで創立1901年ととても歴史と伝統のあるクラブでした。1901年と言うと、まだ日本には卓球が伝わってない年です。

左はそのクラブとの練習風景です。室内は、とてもモダンな体育館でした。

 

 

 

 

 

そして、とても考えられないことが起こったのです。同年代のOB・OGさん達に報告します。

ローマから成田への帰りの飛行機の中で荷室に荷物を上げているところに「新田、新田」と誰かが呼んでいるので振り返ると何と先輩の河野満さんがいるではないか。何と同じ列、私達の右隣に河野さんがいたのです。

先ほど書いたあの樫原秀明さんと同級生の河野満さんです。同姓同名の元世界チャンピオンではありませんが、河野さんも強かった。関西ランカーでもありますし私には学生時代一度も勝たせてくれませんでした。

河野さんは、河野さんの古希の祝いでお嬢さんが、ご夫婦にイタリア旅行をプレゼントされて3人の家族旅行の帰りだったとのことでした。

席が少しでも左右、前後にずれていたら会うことが出来なかった思いました。こんなことも人生には起こるのですね。関大卓球部の絆を感じました。

 

 

 

 

 

 

 


(関西学連の資料より作成)

掲載内容の修正・追加・削除がありましたら、OB・OG会役員に

お知らせください。

または、ホームページの「お問合せ✉」でも結構です。

 

関西学生新人戦

・団体戦 優勝:関西大学

・シングルス 優勝:福本 卓郎、3位:増田 隆介、ベスト16:杉山 孝知

 

○春季リーグ

(男子1部)

  近畿大 関学大 立命大 経法大 同大 龍谷大 京産大 関西大  勝敗 順位 
近畿大 5勝2敗 4位
関学大 6勝1敗 優勝
立命大 6勝1敗 2位
経法大 2勝5敗 6位
同大 2勝5敗 5位
龍谷大 1勝6敗 7位
京産大 5勝2敗 3位
関西大 1勝6敗 8位

 8位で2部に自動降格

 

* KANSAI UNIVERSITY * KANSAI UNIVERSITY *

 

関西学生新人戦

・ベスト16:赤川 真理亜・岸本 紗良

 

○春季リーグ

(女子1部)

  松陰大 同大 関学大 立命大 龍谷大 近畿大 京産大 関西大  勝敗 順位 
松陰大 6勝1敗 2位
同大 7勝0敗 優勝
関学大 5勝2敗 3位
立命大 1勝6敗 6位
龍谷大 3勝4敗 5位
近畿大 4勝3敗 4位
京産大 1勝6敗 8位
関西大 1勝6敗 7位

入替え戦、4-0で天理大に勝ち1部残留


昨年から実施しました「新入生講習会」を今年も、6月5日に実施しました。

 

・大学は体育会学生に、次のような計画的指導をしております。

・1回生…4研修会(大学スポーツの意義、4年間の過ごし方、法令遵守、フレッシュマンキャンプ)

・2回生…1研修会(2年目の過ごし方)

・3回生…3研修会(就職の流れ・傾向と対策、就職後のキャリア形成について、体育会4年次生への大質問会)

 

卓球部も独自の内容で、1回生9名(1名は体調不良で欠席)に講習を行いました。

1.生き方をデザインしよう

2.人格の形成

3.卓球部の歴史

4.OB・OG会の役割

5.就職活動(中井講師)

私のつたないアドバイスや説明でしたが、1回生の皆さんは真剣(特に就職活動の中井講師のお話)に聞いていました。

他に1回生勉強会も、林部長先生のご指導により開催していただきます。   (木戸記)


○ 会費はOB会員年間10,000円、OG会員年間5,000円とする。

ただし夫婦が会員のときはふたりで年間10,000円とする。

(関西大学体育会卓球部OB・OG会会則 第11条)

 

振込用紙は郵送しております。

郵便が届いておりません皆さんにつきましては、ホームページの「お問合せ✉」より住所をお知らせください。

 

○ 振込先

・りそな銀行  守口支店 普通0305006 関大卓球部OB会 新谷真治

・ゆうちょ銀行(9900) 一一九店(119) 当座0080581 カンダイタッキュウブ オービーカイ

・郵便振替口座       01150-3-80581       関大卓球部OB会

 

● 平成30年(5月31日現在)OB・OG会費納入の皆様 (敬称略) 

*入金有難うございます*

 

堀内 史郎 (S25卒)  森 大八郎 (S31卒)  広田 昭助 (S31卒)

高津 博 (S34卒)  土井 敏捷 (S36卒)  川鍋 研自 (S36卒)

岡田 猛 (S36卒)  早田 巌  (S37卒)  大村 益夫 (S37卒)

岡野 俊夫 (S38卒)  権野 功至郎(S39卒)  葛輪 武弘 (S40卒)

瓜生 好一 (S40卒)  亀井 光彦 (S40卒)  吉村 行弘 (S40卒)

林 一郎  (S44卒)  柏原 賢二 (S45卒)  柏原 妙子 (S45卒)

久米 隆  (S49卒)  布出 泰之 (S50卒)  木戸 宏  (S51卒)

坂本 俊樹 (S51卒)  本谷 健作 (S51卒)  阪口 昭彦 (S53卒)

中谷 武夫 (S53卒)  山田 修司 (S53卒)  辻 敬三 (S53卒)

塩田 昭彦 (S53卒)  木戸 明美 (S53卒)  平野 泰幸 (S54卒)

石田 秀昭 (S54卒)  竹内 由里子(S54卒)  西川 恵美子 (S56卒)

辻本 博彦 (S57卒)  辻本 紀佐子(S57卒)  田中 義信 (S58卒)

日浅 恵央 (S58卒)  屯場 正康 (S60卒)  藤田 裕之 (S61卒)

垂水 裕之 (S63卒)  佐々木 雅弘 (H1卒)  北岡 洋介 (H5卒)

真期 俊之 (H6卒)  神野 雅文(H8卒)  河合 良成 (H9卒)

新谷 真治 (H9卒)  吉川 潤 (H10卒)  寺垣 敬人 (H11卒)

村林 正章 (H11卒) 宮本 裕美 (H13卒)  大河内 莉南 (H20卒)  西村 一輝 (H24卒)  今井 士達 (H29卒)  宮前 高浩(H29卒)

(計 53名様)

 

○ 平成29年(1月~12月)OB・OG会費納入

(計 79名様)

 

○ 平成28年(1月~12月)OB会費納入

(計 76名様)

 

○ 平成27年(1月~12月)OB会費納入

(計 88名様)

 

○ 平成26年(1月~12月)OB会費納入

(計 83名様)

 

○ 平成25年(1月~12月)OB会費納入

(計 77名様)

 

○ 平成24年(1月~12月)OB会費納入

(計 86名様)

 

○ 平成23年(1月~12月)OB会費納入

(計 84名様)

 

○創部90周年記念募金(女子部旗修理と垂れ幕の新調)に協力いただきました皆さん (敬称略)

福井 清  (S22卒) 堀内 史郎 2口(S25卒) 森 大八郎 (S31卒)

森影 寿行 (S32卒) 七野 輝夫 2口(S35卒) 川鍋 研自 (S36卒)

大村 益生 (S37卒) 早田 巌 2口(S37卒)  権野 功至郎 2口(S39卒)

金光 義宣 (S39卒) 松村 聖太 (S39卒)   吉村 行弘 (S40卒)

島谷 則久 10口(S41卒) 平瀬 三郎 (S42卒) 林  一郎 (S44卒)

柏原 賢二 3口(S45卒) 柏原 妙子 3口(S45卒) 松尾 佳子 (S45卒)

久米 隆  (S49卒) 新田 康博 (S50卒)  久保田 安裕(S50卒)

小西 学  (S50卒) 布出 泰之 (S50卒)  木戸 宏  (S51卒)

田中 宏一 (S51卒) 坂本 俊樹 (S51卒)  竹内 強  (S52卒)

中原 健一 (S52卒) 阪口 昭彦 (S53卒)  中谷 武夫 (S53卒)

辻 敬三  (S53卒) 塩田 昭彦 (S53卒)  木戸 明美 (S53卒)

平野 泰幸 (S54卒) 石田 秀昭 2口(S54卒) 竹内 由里子 (S54卒)

石田 雅則 (S55卒) 西川 恵美子 (S56卒) 辻本 博彦 (S57卒)

田中 義信 (S58卒) 日浅 恵央 (S58卒)  伊藤 里香 (S59卒)

木原 成悟 (S59卒) 山本 正樹  (S60卒)  藤田 裕之 (S61卒)

藤本 陽一 (S62卒) 境 直樹  (S63卒)  垂水 裕之 (S63卒)

佐々木 雅弘 (H1卒) 北岡 洋介 (H5卒)   森 直司  (H8卒)

新谷 真治 (H9卒)  寺垣 敬人 (H11卒)  村林 正章 (H11卒)

澤 英俊 2口(H18卒) 山名 健太 (H19卒) 松本 歌織 (H20卒)

田村 翔太 2口(H27卒)

 

・78口のご協力をいただきました。

なお、別途、顧問の林先生より、本件20口の寄付金をお預かりしております。

目標(54口)を大きく上回ることができまして、皆さまのご協力に感謝いたします。

・募金は以下の事項に活用させていただき、平成28年3月12日の創部90周年祝賀会にて贈呈いたしました。

 ①女子部旗の修理

 ②垂れ幕の新調

 ③タブレット端末・三脚×2セット

 ④1925年創部記念Tシャツ

 ⑤現役選手の表彰基金