ごあいさつ
関西大学卓球部入部希望の方へOB会からのお知らせお問い合わせ関西大学
林 勲 顧問
本学教授

関西大学体育会卓球部は、大正14年(1925年)に結成、昭和6年(1931年)に大学体育会の団体として公認され、数知れない赫々たる戦歴を残し現在に至ります。創部当時は卓球がスポーツとしてようやく衆知され始めた時期であり、卓球部を存立された諸先輩方の情熱と気概、その腐心には感謝の気持ちに余りあるものがあります。

関西大学体育会卓球部は、卓球競技における技術向上を目指し、卓球を通じて考動力ある紳士・淑女なる人材を育成することを第一義としています。部員は『球を継ぎ、人を継ぐ』と『関大魂と前へ』の『継ぐ、前へ』を継承し、関大魂を心に留め、関大魂とともに常に積極的に『前へ』向かって進むことを、また、一球を継ぎ、戦意を継ぎ、戦略を継ぎ、勝利を継ぎ、部員を継ぎ、部を継ぎ、相手選手への尊敬と敗者の思いを『継ぐ』ことを目標とし、『自らを律し、自らを超え、自らを尊ぶ』卓球部員として学生の規範となることを志しています。

現在、部員は男女あわせて約40名です。部員には日夜を問わない普段の努力と文武両道の規範たる学生であることを願っています。

日々、関西大学卓球部OBOG会、顧問、監督、コーチ、部員が一丸となって、関西制覇は無論のこと、全国、世界制覇を目指し、より高いところへともに行きたいと思います。卓球部OBOG会をはじめ皆様方には、日頃の献身的なご貢献とご支援に心から感謝申し上げます。

今後とも引き続き、ご支援、ご声援のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。


平野 泰幸 監督
本学OB

監督を務めております平野泰幸です。関西大学体育会卓球部は大正14年に結成され長い歴史と伝統を持ったクラブです。そして、卓球を通じて人間形成に重点を置き、部員の自主・自立性を尊重したクラブです。「勝つ」ことを目標に「関大魂」と「一球を継ぐ」精神を忘れず、各部員がそれぞれ工夫して日々練習に励んでいます。

また、関大生のフロントランナーとして学問・勉学との両立、文武両道を目指し、勉学の方にも努力を怠ることもなく、社会の各分野で活躍している先輩たちに続くために、関西大学体育会卓球部出身を誇りに思える充実した学生生活を送ってほしいと願っています。

2019年度秋季リーグ戦 男子はエース坂根(経4)を中心に、各務(人健4)、福本(社2)の活躍で6勝1敗とし、53年振りの1部リーグ優勝となりました。これは、選手たちのモチベーションの高さに加え、増田主将を中心とした強靭なチーム力の結果だと思います。また、選手たちの練習を受けて頂いた関東の各大学、実業団チーム、関西の実業団チームにも心から感謝したいと思います。女子は残念ながら2部リーグに降格しましたが、次年度は1部復帰してくれると信じています。選手たちは幹部交代新体制になり、更なる合理的な練習と関大魂で次年度も活躍を期待しています。

そして、関西大学卓球部OB・OGの皆様、保護者の皆様には、今後とも、ご支援、ご指導をいただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

 


男子主将 石井 空

関西大学体育会卓球部男子主将を務めさせていただいております。石井空です。男子卓球部は1部リーグでの上位進出を目標とし、チーム一丸となって精進して参ります。
「なぜその練習をしているのか」を普段から考え、意味のある練習ができるチームを目指しています。
卓球部OBOGをはじめ、皆様方には日頃よりご声援、ご支援をいただき心より感謝しています。
今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。


女子主将 朝野 郁香

この度、関西大学体育会卓球部女子主将を務めさせていただくことになりました、朝野郁香です。
卓球部関係者の皆様方には、日頃からのご声援、ご支援に厚く御礼申し上げます。
女子は春に一部昇格、秋に一部入賞することを目標とし、結果を求める中でそれぞれの良さが発揮されるような笑顔溢れる楽しいチームを目指します。
思いやりや感謝の気持ちを忘れずに、チーム一丸となって日々精進して参りますので、今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い致します。


男子主務  表西 貴司

関西大学体育会卓球部主務を務めさせていただいております表西貴司です。
関西大学体育会卓球部関係者各位にはいつも変わらぬご支援を賜り、誠にありがとうございます。令和元年度秋季関西学生卓球リーグでは念願の男子1部優勝を果たしました。この結果を受け、私たちは石井主将を筆頭に更なる飛躍を求め日々励んでいます。また、体育会卓球部としての自覚を持ち行動できるようなチーム作りをしていきたいと思います。私自身、主務として至らない点もあるかと思いますが、部の運営を円滑に進められるよう全力で努力して参ります。
体育会卓球部関係者の皆様方には今後ともご支援ご声援のほど宜しくお願い致します。